キングギドラの日常

ブログのHow Toやコラム、時事ネタや話題になっていることを基本にたくさん記事を書いていけたらと思っています。ぜひ読者登録お願いします!



キングギドラの日常TOPへ

感動!亡き息子から「愛しています」の返信〜悲痛のメールに天国からの返信〜

2014年の4月、韓国で大型旅客船「セウォル号」の沈没事故が起こったのは有名なニュース。
修学旅行中の高校生を含み多数の犠牲者を出した沈没事故。後の調べで旅客船の管理などの資質も問われ、ましてや船長が乗客を見捨て自ら先に避難した。船長は遺棄致死罪で懲役36年が言い渡されたが、遺族を亡くした家族からは悲痛の声が今も叫ばれている。
そんな中、事故で息子を失った父親が、息子宛にメールを送ったところ、返信があったことが、韓国で話題になっている。
f:id:Ghidorah:20150415091711j:plain

息子は諦められない

事故の裁判は終わったとしても、亡くした息子のことを忘れ、諦めることなんて到底できない一人の父親。その父親は息子に何通もの悲痛なメールを送るのだった。

父さんはもうじき年をとって死んでしまう。父さんのことを忘れないでくれ。おばあちゃんはどうしたらいいかな? お前がこの世から去ってしまったことを、どうやっておばあちゃんに伝えればいい?

息子を失っているのに、そのことを受け止めることなんて到底できず、あたかも会話をしているかのようなメッセージを送るのである。
このメッセージ以外にも

晩飯は食べたか?

息子よ、教えてくれ。愛してるよ。本当に愛してる。分かってるか? ちゃんとご飯を食べて、友達と仲良くするんだぞ。じゃあ、またな。

返事がくるはずもない質問形式のメッセージを幾度となく繰り返し痛む心を潤そうとしていたのである。



奇跡の返信

返信のあるはずのないメッセージを亡き息子宛に送っていた父親の携帯が鳴った。
その返信相手が、今は亡きはずの息子からだった。それに驚いた父親は、慌てて携帯を読み返すのでした。

僕は元気だよ。父さんも元気に過ごしてね。 僕は本当に大丈夫だから、父さんは毎日をちゃんと生きて、ゆっくり年をとってください。 愛してます。

まさか天国から返信があるなんてと驚きを隠せない父親。今まで、返事があるはずのない質問を繰り返していたのに、そのメッセージに返信があったのである。
まさに天国から送られたメッセージ。息子が本当に戻ってきたのかと思った…。



一人の男性からのプレゼント

実はこの返信、息子の携帯番号を引き継いだ一人の男性から父親に送ったプレゼントであることが判明したのである。スマホアプリのカカオトークは電話番号認証を行っているが、携帯番号を偶然引き継いだ男性が、カカオトークをインストールした際に息子のカカオトークにログインすることができ、その履歴をみることができたのだ。
悲痛のメッセージをいくつも受けている間に、この男性も父親の現状に同情し、プレゼントを贈ることを決意したのであった。
一歩間違えば危険な行為ではあるが、この男性の行為が父親の心を救ったことは間違いない。

キングギドラの日常TOPへ