読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングギドラの日常

ブログのHow Toやコラム、時事ネタや話題になっていることを基本にたくさん記事を書いていけたらと思っています。ぜひ読者登録お願いします!



キングギドラの日常TOPへ

【レビュー】iPhone6/6S専用バッテリーケース「Smart Battery Case」を使ってみて

iPhone6/6Sユーザーに突然発表されたApple純正スマートバッテリーケース「Smart Battery Case」。筆者もiPhone6Sユーザーなので興味はあったのですが、以前からバッテリーケースを使用していたので、ずっと見合わせていました。
iPhoneを使用しているとバッテリーが気になってくるヘビーユーザーもいると思うのですが、lightningケーブルを刺すバッテリーをアイフォンと一緒に持ち歩く気には全くなれない方も多いのではないでしょうか?

そこで自分もバッテリー内蔵型のケースを使用していたわけですが、これがまた便利!

ケースにiPhoneを入れておくだけでiPhone本体の充電が減ってきた時にバッテリーからiPhone本体に充電を開始でき、バッテリーの保ちが通常の2倍~3倍になるといったケースです。
何かここまで読んでいると、そのバッテリーケースはお高いのではないだろうかと疑問を持つかもしれませんが、筆者がスマートバッテリーケースは

↑これです!
たったの2000円。普通のデザインケースでも2000円って安いですよね?
これを使って充電の保ちが約2.5倍ほどにはなっていたと思います。
十分満足はしていたのですが、落下させてしまった時にiPhoneとの接続部が折れてしまって今回のスマートバッテリーケースを購入することになったのです。



以前のバッテリーケースの欠点

今まで説明していた2000円のバッテリーケースですが、値段の割に大満足な商品なんですが、流石に欠点もありました。おそらく純正以外ではほぼ生じるのではないかなぁと思っているので、これ以下も読んでみてください。

欠点1

デカイ!
なんせこれはバッテリーケースを使用する者が述べてはならないキーワードとなっている風潮がありますが、正直デカイ!重い!はつきものです。iPhoneというかAppleはシンプルザ・ベスト!的な商品が多いわけで、それを真っ向から対面する形の商品になってしまいます。
しかし、予備バッテリーをケースと一緒に持ち歩こうとしているわけですから、ここに関しては諦めたほうがいいかと思います。

欠点2

筆者はiPhoneの映像と音声を車のナビ画面に出力して使用しています。ミラーリングという方法なのですが、設置方法については筆者の過去ブログで紹介しているのでそちらをご覧下さい。
10,000円かけずにiPhoneの動画や音楽を車の画面で再生する方法〜必要物品とつなぎ方はコチラ〜 - キングギドラの日常

実はこのミラーリングという手法は

↑この純正商品を使用しているのですが、バッテリーケースを使用しているとバッテリーケース外からlightningケーブルを刺しても認識してもらえませんでした。そのため、車で使用するときは毎回バッテリーケースから出しiPhone本体に直接刺していました。なんともスマートじゃない方法です。
毎回、ここを解決するための方法がないものか考えたものです。

以上の上記2点が最大の欠点かなと思いました。
それでは純正バッテリーケースの「Smart Battery Case」はどうなのか?レビューしてみたいと思います。

開封レビュー

「Smart Battery Case」はAppleでしか販売されていませんでした。楽天Yahoo!などでも探しましたが、筆者はAppleで購入しました。
値段は11,000円くらいだったかな?少しケースにしてはお高いです!ありえないくらいの値段ですね^^;
で届いた商品がコチラ↓
f:id:Ghidorah:20160220184121j:plain
なんともアップルらしい梱包で、素敵な感じです!iPhoneが入っていたケースに似てますね。
f:id:Ghidorah:20160220184233j:plain
f:id:Ghidorah:20160220184245j:plain
f:id:Ghidorah:20160220184258j:plain
開けていくとこんな感じです。引き出し型の梱包!アップルらしいこだわりです。

ケースに本体を挿入するのも特に問題もなく誰でもできると思います。ではでは早速どうなるのか…
f:id:Ghidorah:20160220184427j:plain


さすが純正商品だけあって、ホーム画面で上から下にスワイプするとバッテリーケースの充電残量まで表示する始末。
すごいですね~
上の画像を見てもらえるとわかるかと思いますが、ケースにセットした段階でバッテリーから本体へ充電が開始されました。ケースの方に雷マークが付いていないのは充電ケーブルを差していないからです。
基本的に本体のセットされた「Smart Battery Case」に従来の充電ケーブルを差すと、本体もバッテリーケースも充電をしてくれます。
充電ケーブルから抜いた時点でバッテリーケースの方のバッテリーから使用され始め、本体には雷マークが常時ついて100%を表示しているようです。
要するに、単純にバッテリーが約2倍程度まで伸びるということです。
消費順番は①バッテリーケース②本体の順番でバッテリーケースの残量が0になった時点から本体のバッテリーを消費し始めます。

ミラーリングについてはどうか?

では気になっていた車でのミラーリングについてはどうなのか?ということなのですが、半分諦めながらやっていたところ・・・

なんと!ミラーリングできました!

これは「Smart Battery Case」を買ってよかったと思うナンバー1の理由です!
おそらく他のケースではできないのではないだろうか?もし出来るケースがあるのであれば筆者も教えていただきたい!


とまぁ~こんな感じでの開封レビューなわけですが、筆者はこの「Smart Battery Case」を購入してよかったと思っています!
筆者はバッテリーケースで悩んでいる方がいたとするなら純正の商品をおすすめします!
一応リンク貼っておきますね^^
www.apple.com

キングギドラの日常TOPへ