キングギドラの日常

ブログのHow Toやコラム、時事ネタや話題になっていることを基本にたくさん記事を書いていけたらと思っています。ぜひ読者登録お願いします!



キングギドラの日常TOPへ

レーシックはもう古い!?新しい視力矯正治療バイオニックレンズが登場!

視力が悪い人にとって憧れでもある視力回復。
視力を回復させる治療にはいろいろとあり迷信めいたものまであります。その中でも最近の主流であるレーシック治療。

レーシック(英語: LASIK)とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である。LASIKは、正式名称である「LASER(-assisted) in situ κερατόμῑλευσις[1]」(英語・ラテン語・ギリシア語からなる)の略であり、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」の語意がある。
近視を補正する場合、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することが一般的だが、レーシックでは角膜を矯正手術することにより正視の状態に近づける。これにより、裸眼視力を向上することができる。1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されるようになった。

Wikipediaレーシック - Wikipedia
より引用

日本では現在も保険適用外の治療で高額な治療となります。またリスクもあり、数年後に視力が低下してしまう可能性も否定できない治療方法。
そんなレーシック治療方法を超える驚きの治療方法が開発されたという。


バイオニック・レンズ

f:id:Ghidorah:20150523202129j:plain*1
Garth Webb医師(カナダ)が開発した「バイオニック・レンズ」というインプラント型の治療を施すと視力3.0も夢ではないというのだ。しかも治療時間はたったの8分!
治療の流れとしては、生理食塩水(人体の体液に近い塩分濃度)の入った注射器にバイオニックレンズをたたみ入れ、患者の目の中に置く。10秒ほどでレンズは元の形に戻り、患者の眼球になじみ視力が矯正されるという。
なんて画期的な治療方法なのだろうか?
現在、このレンズに関した詳しい説明をGarth Webb医師は避けているものの、不活性の生体適合性ポリマーが使われているようです。今後新たな治療方法として世に広められることを願いたい。
参考海外サイト(全文英文)



キングギドラの日常TOPへ