読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングギドラの日常

ブログのHow Toやコラム、時事ネタや話題になっていることを基本にたくさん記事を書いていけたらと思っています。ぜひ読者登録お願いします!



キングギドラの日常TOPへ

子供の安全を守るためには?~防犯対策グッズや方法を紹介~

新学期になり約1カ月になりますが、子供の事故・誘拐や殺害事件などのニュースを目にすると親としては心配でしょうがないですよね。


特に小学生になったばかりの親としては、今までは親が保育園や幼稚園の送迎を必ずしていたのが子供だけで小学校に通うことになるのですから心配事は増えるばかりです。


自分のイメージでは子供に対しての犯罪は増えていると思っていたのですが、警視庁の調べでは
平成20年:約290000件
平成25年:約200000件と
年々減少傾向にあるようです。


子供の事件発生しやすい時間帯は午後2時から午後6時と下校時間に注意が必要です。


特に一人になる時間が最も注意



子供の防犯対策

1.集団下校

一人になる時間を作らない

2.通学路の危険な場所を子供と一緒に確認をする
  • 人目に付きにくい場所 不特定多数の人が出入りする場所
  • 助けを呼ぶ場所を子供と一緒に確認をする

「子供110番の家」や「コンビニ」など

3.大声で助けを呼ぶ練習をする

どこでも練習すると周囲の人は練習していると分からないから警察に通報されたりしても困るので布団の中で周囲に声が漏れないようにすると良いでしょう。

4.知らない人についていかない

「知らない人」の具体的な説明をする

5.遊びに行く時は「どこで 誰と 何時に帰るのか」を確認する
6.防犯グッズの活用

『防犯ベル携帯中ステッカー』


『防犯ブザー』
現在は色んな機能やタイプの防犯ブザーが販売されています。

一般的なタイプはボタンを押したり、ひもを引っ張ってブザーを鳴るタイプで最近では学校から配布されています。


最近では携帯会社や警備会社からも色んな防犯ブザーが販売されているので各社ごとの商品・特徴を紹介します。

DoCoMo

ドコッチ

  • 腕時計タイプなので常に身に着けていられます。
  • 内蔵センサーで周囲の温度・湿度や、子供が安静にしているか運動しているかなどがスマホで確認できます。
  • GPS機能があり、子供の現在地が確認できます。《GPSで居場所を探すには、探す方のケータイに「イマドコサーチ」の申し込みが必要です。(月額使用料200円、検索料5円/回 税抜)》
  • SOSボタンを長押しすることで最大6台のスマホやパソコンなどの端末にSOS通知を送れます。
  • 人が集まる場所で子供が一定距離を離れるとBluetoothでつながっている親のスマホと子供のドコッチにお知らせが届くので迷子になりにくいです。
  • 通話機能はありません。
  • 親の端末もDoCoMoの端末でなければ使用できない機能がある。

≪料金≫
本体価格:約8500円
月額使用料:約1000円

ドコッチ 01 | 製品 | NTTドコモ


キッズケータイ

  • 子供用の携帯電話にGPS機能と防犯ブザーが付いています。
  • インターネットの使用はできないので有害サイトの心配がいりません。
  • 通話・メールも連絡先に登録した相手のみとできます。(最大10件)

≪料金≫
本体価格:約9500円
月額使用料:約800円

docomo キッズケータイ HW-01G | 製品 | NTTドコモ

au

mamorino(マモリーノ)

  • 子供用の携帯電話にGPS機能と防犯ブザーが付いています。
  • インターネットの使用はできないので有害サイトの心配がいりません。
  • 通話・メールも連絡先に登録した相手のみとできます。(最大10件)
  • セコムと連携しており、セコムとの別途契約で防犯ブザーが鳴った時点でセコムに通知が入り、セコムから子供と指定の連絡先(親など)に連絡が入る。要請があればセコムから緊急対処員が現場に急行する。(10000円/1回)

≪料金≫
本体価格:約17000円
月額使用料:約1000円

特長:あんぜん | mamorino3(マモリーノスリー):ケータイ | au

セコム

ココセコム

  • GPS機能で子供の居場所を確認できる。
  • ボタンを押すとセコムに通報が入りセコムから子供と指定の連絡先(親など)に連絡が入る。要請があればセコムから緊急対処員が現場に急行する。(10000円/1回)

≪料金≫
初期加入料金:5000円
標準充電器:2000円
月額:900円(位置検索10回まで無料)

子どもを見守るセコムの【ココセコム】|GPSによる外出時の防犯・安全管理、車・バイクの盗難対策に



防犯ブザーを選ぶ際のチェックポイント

  • 子供が使いやすいか

子供がブザーを鳴らしやすいタイプを選びましょう

  • 常に手の届く場所に設置できるか

登下校時ならランドセルに付けれるか?帰宅後遊びに行く時にはどこに取り付けるか?など状況に合わせて取り付けやすいタイプを選びましょう

  • ブザーの音量

基本的には85db以上のタイプを選びましょう

  • 耐久性

いざという時に壊れてしまっていては意味がありませんので、子供が扱うのですから頑丈で防水のタイプが良いでしょう。

  • ブザーが止めにくいか

ブザーがすぐ止められるのでは不審者にもすぐ止められてブザーの意味がなくなってしまいますので、簡単に止められないタイプが良いでしょう。


キングギドラの日常TOPへ

キングギドラの日常TOPへ