読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングギドラの日常

ブログのHow Toやコラム、時事ネタや話題になっていることを基本にたくさん記事を書いていけたらと思っています。ぜひ読者登録お願いします!



キングギドラの日常TOPへ

iPhoneを置くだけで充電出来るようにする方法〜アンドロイドの置くだけ充電を真似する〜

iPhoneを使っているとLightningコネクタという差し込み口からコードを刺し充電やiTunesとの同期をされている方がほとんどではないでしょうか?
むしろその方法しか知らない方がほとんどだと思います。

もし…

iPhoneを台の上に置くだけで充電されるとしたら?
f:id:Ghidorah:20150307180152p:plain
超便利でなんか「メカに強い画期的な人!」みたいなイメージが無いでしょうか?
きっと何気にそんな事をしているiPhoneユーザーを見つけたら尊敬すると思います(笑)

しか〜し!
ようこそ当ブログへ!
その「台に置くだけで充電が出来る!」ように簡単に変更出来るのをご存知でしょうか?
その方法を今回は紹介したいと思います。



置くだけ充電って?

パソコンのUSBや家庭用コンセントなどから電気をとった台の上にiPhoneを置いておくだけで勝手に充電されるもので、今まで見たいに充電コードを抜き差しする手間が省けます。またiPhoneの充電コードを何回も抜き差ししていると、いつの間にか断線してしまって充電きなかったり、純正コードは高いからと市販の充電ケーブルを買ってきたら上手く充電出来ない!なんてこともありますよね。
その手間が無くなる画期的な方法です。
今までアンドロイドのスマホでは同じような充電方式をとっているスマホもいくつか販売されていますよね!

どんな仕組み?

簡単に説明すると、充電ケーブルを刺していたLightningコネクタにシート上のペラペラしたものを刺しておくだけです。このシートも実に薄いもので、今使っているiPhoneケースの中にそのまま挟めちゃいます!簡単すぎて解らないかも知れませんが、そんな感じです。
イメージ図
f:id:Ghidorah:20150307170805j:plain
f:id:Ghidorah:20150307170812j:plain

このシートはQiシートと言いまして、置くだけ充電の受信機になります。置くだけの台座を送信機とするなら、このシートで電気を受信してiPhoneを充電している訳ですね。
※ケースが金属製や、分厚いものは受信機の反応が鈍くなるようですので注意が必要です。
イメージは付きましたでしょうか?



iTunesとの同期の時はどうする?

Qiシートを刺すのに充電口を使ってしまったら、iTunesと同期させる時は結局抜き差ししないといけないんじゃないの?と思われたアナタ!このブログ一番下に説明ページのリンクを貼っておくので読んでみてください。抜き差ししなくても同期出来る方法を紹介してあります。

何を買えばいいの?

用意するものは以下の2つです。

  1. Qiシート
  2. 置くだけ充電用の台

上記二つを用意するだけで簡単にiPhoneを置くだけ充電仕様に変更で来ます。

Qiシート(シート単品)

Qiシートはおよそ2500円〜3000円程度で販売されています。充電台は既に持っているという方はコレだけを購入すればOKです。
以下に楽天の販売先を貼っておきますのでクリックすると商品詳細ページに移動出来ます。

置くだけ充電用の台

充電する台です。シートを買われたらこの台も必要になります。
以下に楽天商品のリンクを貼っておきますのでクリックすると商品詳細が見れます。

シートと台のセット商品

両方必要です!という方は最初からセット商品を購入するのもありですね!

こんな感じですね!
いやぁ〜コレでアナタもiPhoneを使って画期的なことをしている人の仲間入り!


ちなみに、前述した通り、無線でitunesと同期する方法を紹介しているページを以下にリンクしておきますので、そちらも参考にしてみてください!

無線でiPhoneとiTunesを同期する方法はコチラ

キングギドラの日常TOPへ