キングギドラの日常

ブログのHow Toやコラム、時事ネタや話題になっていることを基本にたくさん記事を書いていけたらと思っています。ぜひ読者登録お願いします!



キングギドラの日常TOPへ

ソチ五輪の感動秘話! スキージャンプ男子団体銅メダリスト 竹内択選手~同じ病気の人に諦めないで頑張れば思いは叶うと伝えるために飛んだ~

 

ソチ五輪ノルディックスキー・ジャンプラージヒル団体(2014年2月17日)で日本の銅メダルに貢献した竹内択選手(26)

競技終了後、自分は難病「チャーグ・ストラウス症候群」であると明かした。

竹内選手は今年1月に肺炎にかかり2週間の入院をしたと公表していたが、実際は120万人に一人の割合の難病を患い入院していた。

 

投薬治療の影響で顔に吹き出物も出ており、入院生活中、絶望的だと思われたオリンピックを諦めず病床で筋力維持の訓練や体力維持に努めたそうです。その理由の一つとして、メダルをとりたいという気持ちと、同じ病気を抱えている人に「頑張れば思いは叶う」ということを伝えたかったからと話している。

f:id:Ghidorah:20140218132303j:plain

スキージャンプの葛西選手を初め、飛ぶ理由を抱えての日本代表銅メダル。難病というなかなか受け止めることも難しい現状を己の力で切り開く精神力が結果を残したのである。

 

チャーグ・ストラウス症候群とは、アレルギー性肉芽腫性血管炎で全身の動脈に壊死性血管炎を生じる病気で、症例数が少ないため、大規模な臨床研究を行いにくく、診断指針、治療指針はまだまとまっているとはいい難い病気。症状としては、血管炎症状の前に気管支喘息や副鼻腔炎などのI型アレルギー性症状が先行する事が多い。血管炎症状として多彩な臓器症状を呈する。多発性単神経炎を主体とする神経症状が頻度が高く、全症例の70%以上で認められる。その他、関節炎、肺、心臓(冠動脈疾患)、皮膚(発疹)、消化管(潰瘍)、腎症などが起こる。(Wikiより引用)

 

 

キングギドラの日常TOPへ